KADOKEN BLOG

長野県信濃町の設計事務所 カドケンではたらくイトウの日誌です。

多治見モザイクタイルミュージアム

先週、社員旅行で岐阜に行ってきました。
すこし汗ばむくらいの絶好の旅行日和のなか、岐阜の各所を観光してきました。

最初に訪れたのが、多治見市笠原町にある藤森照信氏が設計した多治見モザイクタイルミュージアム

こんもりとした小山のようなシルエットと屋根ラインに沿って植えられた松がインパクト大です。
ミュージアムのHPによると、タイルの原料を掘り出す採土場がモチーフになっているようです。

建物のシルエットのほとんどが曲線で直線部分は窓しかありません。
土壁の色とあいまって、眺めているだけでものすごくおおらかな気持ちになる建物です。

館内はタイル、タイルのオンパレード。
モザイクタイルのデザインや歴史、製造過程を知ることができます。

2階部分には、タイル張のサンプルがズラリ。
タイルを張りたいけど、どんなタイルにしようか迷ったときは、カタログではわかりづらいサイズ感やツヤ感を実際に見ることができるので、ここに来れば間違いないと思いました。
目地の色違いの比較もできます。白い目地だけでは無いのです。  

かわいらしいモザイクタイルを眺めすぎて、だんだんタイルが粒ガムに見えてきました。
タイルのような粒ガムなんてお土産があったら迷わず買ってしまいそうです。